塾と特徴

週1日から通える教室の授業料

少子化が進む中で、子供1人当たりにかける教育費は年々増加傾向である。また以前であれば小学校高学年から塾に通い始めるのが平均的であったが、最近では低学年の通塾も一般的である。そのために学習塾では低学年向けの通いやすいコースも設置しており、週1日から通える点や授業料が月額1万円以内である点が特徴的である。また低学年の場合には補習へのニーズも強いので、国語と算数の指導を進めながら、基礎学力の育成を中心に行うのがトレンドである。しかし一部の中学受験塾では、小学校1年生や2年生向けの受験コースも設置しており、2万円前後の授業料が一般的である。このように低学年であっても、指導内容と回数によって費用は大きく異なるであろう。

書道教室やそろばん教室などの習い事が、古くからおこなわれてきた小学生向けの教育である。特に字を覚えたり計算力を高める教育は、小学校の学習でも役立つであろう。しかし高校進学率や大学進学率が高まる中で、学習塾に通う小学生が増えたのが昭和40年以降の特徴であろう。そして更に通塾する生徒の低年齢化が進んだり個別指導教室が登場したために、最近では小学校1年生から通える教室が一般的である。また個別指導教室を選ぶことで、短時間で必要な内容が学べるので、低学年にも最適であろう。そして最近では小学生の才能を引き出すための、様々なコースが登場しているのが特徴的である。とりわけ速読教室や作文教室の人気が高まりつつあり、新たな教育市場が拡大中である。